トップページへ

JCGG事務局
(独)理化学研究所 
グローバル研究クラスタ
システム糖鎖生物学研究グループ

〒351-0198
埼玉県和光市広沢 2-1
(TEL: 048-467-9613,
FAX: 048-462-4692)

地域会議

東北糖鎖研究会

責任者 会長 宮城妙子(宮城県立がんセンター研究所)
趣旨・目的 東北における糖鎖科学の振興、特に糖鎖化学と糖鎖生物学との融合および若手糖鎖研究者の育成
会の特徴 東北における糖鎖科学の振興、特に糖鎖化学と生物学の融合と糖鎖研究者の育成を目的に、糖鎖化学と糖鎖生物学の研究者が一同に会して討議する。
設立年 2007 年
設立経緯 第26 回日本糖質学会年会(2007年)の世話人が発起人となり、東北における糖鎖科学の振興、特に「糖鎖化学と糖鎖生物学との融合、および若手糖鎖研究者の育成」を目的として設立された。
会議開催状況
■ 第1回研究会:2007 年12 月22-23 日、仙台
世話人/ 東北薬科大学 仁田一雄
特別講演:山川民夫
参加者:約50名
■ 第2回研究会:2008 年9 月26-27 日、弘前
世話人/ 弘前大学 加藤陽治、事務局:柿崎育子(弘前大学)
特別講演:遠藤正彦
参加者:約50名
■ 第3回:2009年11月20日-21日、新潟
世話人/古川清(長岡技大)
特別講演:永井克孝
今後の予定 毎年一回の頻度で続けて行く予定。